img_02

合宿免許と通学免許とは

自動車の運転免許証を取得していると何かと便利です。
車を自由に運転することができるということはもちろんですが、運転免許証というのは公的な本人確認の証明になります。顔写真も入っていますし、いろいろな場面で有効に利用できるのです。

今は性別や年齢を問わない状態で、幅広い人々で免許取得をしているのが普通の時代になっているのです。
自動車の運転免許証を取得するには、教習所などに通う必要があります。
一般的に多いのが通学免許プランになります。

免許合宿に必要な持ち物も確認しておきましょう。

自分が通いやすい教習所などに通って、日常生活を送りながら学科や実技の勉強を進めていくという方法になります。



大学や専門学校に通っていたりする場合には、授業が終わった夕方からや休日などに予約を入れたりして受講していくことになります。ですから、ある程度の期間もかかりますし、さらには費用も高額になってしまうものです。また、合宿免許プランというのは都市部から少し離れたところにある教習所などで行っているものであり、ホテルなどの関連施設で宿泊をしながら、一日中免許取得に向けた学科や実技の講習を受けていくというカリキュラムになっているのです。

ですから、それだけに集中した生活を2週間ほどしていくようになるのです。


合宿免許というのは、期間を短縮できるという利点もあるのですが、費用もかなり安くなります。
このように、通学免許と合宿免許ではかなり違いがあるので、自分が受けやすいスタイルのところにするといいでしょう。